入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

なんとなく、って不思議

なんとなくを侮るべからず

 

ざぁざぁと大雨が降る中、私は傘をさして、

仕事からの帰り道を、歩いていました。

 

たくさんの荷物を持っている上に、傘で片手が塞がれ、

不自由さを感じ、苛々としている上に、

足元は、跳ね返ってくる雨でびしょびしょに・・・。

 

もしかしたら、その日は良い事があって、

雨に濡れる前までは、ウキウキしていたかもしれません。

 

それでも、

 

大雨の中を歩いていると、

何だか、全てが上手くいかない一日だったような

そんな気がしてしまうのです。

 

はぁ、ツイてないなぁ。

実際がどうであったかはさて置き、そう嘆きながら

頭の中は、その日の上手くいかなかった事を探し回っているのです。

 

 

ふと、横に目を向けると、小さな神社があることに気がつきました。

神社って、いろんなところにあるよなぁ、なんて思っていると

その神社の前にある、掲示板が目に入りました。

 

 

「雨もまた好し」

 

 

そこには、大きくそう書かれた紙が貼られていたのです。

 

 

雨も、また、好し。

 

 

そうかなぁ・・・。

そうかなぁ。

 

はぁ。と思いながらも、

なんだか、ちょっと、心が軽くなったかも。

 

 

いつも通っている道なんですが、

きっとその時は、その言葉が私に必要だったから

ふと、視線が横に動いて、

目に入ったのだと思います。

 

必要な言葉は、無意識に自分が求めているのでしょうか。

無意識が示してくれたものを、掴み取るのも大切な力です。

 

 

なんとなく、目に入ったもの、

それは実は自分が求めていたものなのかも。

 

 

これからは、もっと、なんとなくを大切にしていこうかな

そう思う出来事でした。

 

 

いろいろな、面白い本を紹介しているので、ぜひ読んでみてください

 

irihikun.hatenablog.com

  

irihikun.hatenablog.com

  

irihikun.hatenablog.com