入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

頑張りすぎて疲れること、ありますよね。心を軽くしたい時に、読むなら「ナマケモノ哲学」

リラックスして、本をめくろう

 

私は力を抜けない性格で、つい頑張りすぎてしまいます。

 

特に今は、これから先のことが見えない時代で、

漠然とした不安も、募っています。

 

頑張りすぎだなぁ、疲れているなぁ、と思いつつも、

リラックスの方法が分からずに、

いつでも、疲れを溜め込んだままになってしまうのです。

 

休んだら、

休んでいる時間がもったいない!

なんて思っちゃって、

せかせかと、何かを頑張り続けてしまうんです。

 

疲れたなぁと、心の中で思っているからこそ、

この本が、パッと目に入ったのだと思います。

 

木にぶら下がって、にっこりと、本を読む、ナマケモノ

 

なんとも言えない、癒される表紙です。

 

ちょっとだけ、ナマケモノになった気分で、

ごろんとして、この本を読んでみると、

 

誰かが、ゆっくりと話しかけてくれているような本で、

心を締め付けていた疲れが、すーーっと取れていくようでした。

ナマケモノ哲学/ジェニファー・マッカートニー

出版社: ハーパーコリンズ・ ジャパン

ISBN: 978-4596551528

発売日:  2020/3/19

amazon 楽天 kindle

心が軽くなることで、見えなかったものが見えたり、

今までは、思いつかなかったようなことが、浮かんできたりしそうです。

 

そんなのんびりとした「ナマケモノ哲学」の魅力をご紹介します。

 

 

なまける時間は、なまける時間

ナマケモノ哲学」では、

「なまける時間」の大切さを教えてくれます。

 

なまける時間は、怠惰な時間ではありません。

なまける時間は、なまける時間なのです。

 

穏やかな心で、じっくりと考えを巡らせることは、

自分が抱えている問題を解決するために必要なことです。

 

私は、なまける時間をつくるよりも、

動き回ったり、たくさん働いたり、

いろんな人の話を聞いたりしている方が、

しっかりと、問題解決に向かっていけそうな気がしてしまうのです。

 

でも、それが必ずしも、解決への道ではないのかもしれません。

 

「なまける時間は怠惰だ」と、窮屈になった心を解いてくれるのが、

ナマケモノ哲学だと、この本は教えてくれます。

ずっと動いていることが、偉いわけではないのです。

 

ぼーっとなまけて、

心がリラックスしている状態の時に、

素敵な考えが浮かんでくることも、ありますよね。

 

ナマケモノになるためのヒント。SLOWメソッド

 

  • Sleep inー朝寝坊しよう
  • Leave your phone at homeー携帯電話を置いていってみよう
  • Opt outー断ってみる
  • What's the rush?ーどうして急ぐの?

 

生活に、この4つを取り入れて、

ナマケモノに近付こうというのが

ナマケモノ哲学」のSLOWメソッドです。 

 

 

「朝寝坊しよう」には、一瞬どきっとしましたが、

仕事に遅刻して行け!と、伝えたいわけではない、でしょう。

ナマケモノ哲学のモットーは、いつでもどこでも、自分が好きなようにじゅうぶんな睡眠をとること。(「ナマケモノ哲学」p69より引用)

だそうです。

  

この本を読み始めた時、

早くブログで紹介しなくちゃ!と思っていました。

でも、ページを捲った瞬間に、目に入ってきたのがこの言葉。

 

どうして急ぐの? 

 

 

どうして、急ぐんだろう。

ナマケモノ哲学」の魅力を伝える為に、急ぐことは必要だろうか??

 

むしろ逆だろう。

読み終わったら、本を閉じて、ごろんと横になって、

コーヒーでも飲みながら、のんびりと「ナマケモノ哲学」について思いを巡らせる。

 

ゆっくりと考えて、

ゆっくりと言葉を並べて、

伝えた方がいいんじゃないの??

 

そう、思いました。

 

 

最大の魅力は、脱力

ナマケモノ哲学」の最大の魅力は、

終始脱力して読める、というところです。

 

本に含まれているメッセージには、

様々な自己啓発本や、心を軽くする本と、

共通しているところもあります。

 

このナマケモノ哲学」にしかない魅力は、

ナマケモノになぞらえていることもあり、

 

自分が、終始脱力した状態で、本を読めて

のんびりと、ゆったりとした心で、

言葉を受け入れられるところだと思います。

 

文体もとてもシンプルで、本の中には、

かわいいナマケモノのイラストが、たくさん入っています。

冒頭でもお伝えしていますが、

ゆっくりと、まるで話しかけてくれているような本なのです。

 

難しい言葉は何一つない、

本当に、なまけながら、のんびりと読めます。

 

皆さんも、もし疲れを感じていたら、

なまける時間を、大切にしてみませんか?

 

ナマケモノ哲学/ジェニファー・マッカートニー

amazon 楽天 kindle 

 

 ↓他にも、おすすめの本を紹介しているので、ぜひ読んでみてください↓

 

irihikun.hatenablog.com

 

irihikun.hatenablog.com 

irihikun.hatenablog.com