入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

人に対して嫌な態度をとる、目上の人との接し方〜今日のストレス解決策(案)〜

今日のストレスの要因2つ

ストレスとうまく付き合えるよう、

日々の生活で感じるストレスをまとめていこうと思います。

 

入日たいむ〜今日のストレス解決策(案)〜始めます。

 

穏やかな日々を過ごす為にも、

極力減らしたいのが対人関係のストレスです。

 

相手がいることですから、

自分の意思だけではどうにもならないことも多いですが

少しでも軽減してハッピーライフに近づきたいと思います。

 

今日のストレスは

「怒らないのに嫌な態度だけとり続けてきて、周りに気を遣わせる上司」です。

 

例えば

バンッバンッとやたらと物に強く当たる、等

怒っていることを言わないのに、自分は怒っていますよというアピールをしている人、いませんか。

 

言葉で伝えることができないの?って思います。

そして言葉で伝えてこない故に、こちらは反論もできないし謝ることもできないので

余計に鬱憤がたまります。

 

この場合の私のストレスの要因2つ

①何も伝えずに、物に当たっている。

②嫌な態度に対して私は抗議ができない。

この2つの問題に対して気持ちを落ち着かせることができれば、

バンッバンッという物音さえもBGMになり、

なんてことない日常の一コマになると思います。

 

私がストレスを感じる理由

①をストレスに感じる理由

まるで子供を相手にしているように感じるからでしょうか。

 

感情を誰かに察してもらって気を遣ってもらうのは

子ども時代で終わりだと思います。

 

社会人として、相手の気持ちを推し量ったり、

求められている以上のことを察して行動するスキルはとても重要です。

しかしそこには仕事と私情の線引きが必要だと思います。

 

なぜ怒っているのか・機嫌が悪いのか分からない以上、

それが仕事のトラブルなのか私生活のことなのかすら分かりませんし、

あの人、なんで機嫌が悪いんだろう・・・

って気にかけることは私の仕事ではありません。

 

仕事とは関係ないかもしれないことに気をとられて

自分の作業に支障が出てしまいます。

 

そして物に当たるという行為が更に気持ちを圧迫してきますよね。

大きな音を出したり、物を乱暴に扱う行為はとても威圧的です。

 

それに気を取られてビクビクしてしまい、

意識が上司の機嫌にばかり向いてしまうので、

仕事をする上ではかなり非効率ではないかと思うのです。

上司の機嫌に気を取られてミスをすることも避けなければなりません。

 

そうなってくると何も言わずに物に当たって

自分の気持ちをすっきりさせているような人に疑問を抱きます。

周囲の仕事の効率を下げているようにしか思えません。

 

 

②をストレスに感じる理由

「なぜそのように嫌な感じなんですか」とは、聞けませんよね。

相手に対する抗議を、ずっと心の中に留めなければならないことが

とても負担になっているのだと思います。

 

「嫌な感じ」というのはあくまでこちらの主観です。

相手は上司ですので「嫌な感じ」を否定されると

こちらの立場が悪くなりかねません。

 

そして言葉で周りに伝えられない人や、感情をコントロールできない人が

「あぁ、嫌な感じになっていたね」と認めるとも思えません。

 

そして「物に当たらないでください」というのも同じです。

いや普通にしてるだけだよ、と否定されると終わりですね。

 

そもそも「なぜそのように嫌な感じなんですか」や、

「物に当たらないでください」という発言自体が

若干喧嘩腰のような気もするので、上司には言い辛いです。

 

言い辛いというか、言えないですね。

 

以上の2つのストレスの要因を解決する案を考えてみました。

私が個人的に、どうにかしてストレスを軽減させたいと思って

模索している案なので、専門性はありません。実験のようなものです。

 

今日のストレス解決策(案)

大前提として、私の捉え方を変える、という方向で考えます。

そもそも気にしなければいい事を気にしているのは私ですし、

相手を自分に都合のいいいように変えるようなテクニックは持っていません。

 

ストレスを感じる理由を見て気が付きましたが、

私は相手によって仕事が妨げられている自分、相手に抗議できない自分、がストレスになっているのかもしれません。

なので私自身の捉え方を変えてハッピーを手に入れようと思います。

 

今日のストレス解決策(案)2つ

  • 頭の中を忙しくする

    気にする暇もないくらい頭の中で考えごとをしてみます。

    仕事中なので、意識して仕事のことに集中してみます。

    しかし仕事が上手く進んでいない時もあります。

    そういう時の為に考えたいことを予め用意しておきます。

    いっそのことブログのネタを考えてもいいかもしれません。

    結局仕事が進まなくなるというデメリットがありますが、

    機嫌を気にしていても同じことなので

    どうせ効率が下がるならストレス軽減だけを考えよう、という案です。

  • 好きなキャラクター・かっこいいキャラクターになりきってみる

    何事にも動じないようなキャラクターは、

    どんなストーリーでも人気になります。

    自分が好きな映画・漫画・アニメ・小説などを思い出してみて、

    頭の中でそのキャラクターになりきって、

    全く気にしないかっこいい自分に陶酔してみるのもいいかもしれません。

    他人の機嫌を気にしてしまうというのは私の思考の癖ですので、

    私とは違う人間の思考の癖を身に付けると無敵です。

  • 寝不足で出勤してみる

    寝不足だと頭が働きません。

    頭が働かないので上司の機嫌という余計なことに気が回らないのでは・・・と思いました。

    嫌な気分になる余裕を自分に与えない作戦です。

    ただこの案は仕事に支障が出過ぎる気もするので注意しながら試してみます。

 

3つしか思い付かなかった・・・

「気にしなければいい」というのが核となるポイントなのですが

どうしても気にしてしまう私にとって、

どのように気にしないようにするのか

が重要だと考えました。

 

「好きなキャラクターになりきってみる案」

個人的には楽しみです。

 

ちなみにこの場合のなりきるというのは、

頭の中でそのキャラクターの自分を想像する、ということです。

 

実際に声に出してしまうと

今度は違う問題が発生しかねません。

 

せっかくなのでセリフとかも書き出して

演者になった気分で想像してみてもいいかもしれませんね。

 

さっそく実行してみようと思うと、

機嫌の悪さが少し楽しみになってきました。

 

でも実際にはそんな余裕はないかもしれません・・・

 

不安が残る解決策案ですが、

最終的にはなんとか笑える解決方法が見つかるといいなぁと思っています。

 

 

irihikun.hatenablog.com

irihikun.hatenablog.com

irihikun.hatenablog.com