入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

読む辞典。話題の「悩ましい国語辞典」とは

分からない言葉を調べる為の辞典?

 辞典って、みなさん持ってますか?

今の時代、インターネットさえあれば何でも調べられるので、

持っていない人も多いのではないでしょうか。

 

私も大学を卒業して以来、

辞典に触れる機会が減りました。

 

今話題の「悩ましい国語辞典」

聞いたことがありますか?

悩ましい国語辞典(角川ソフィア文庫

出版社: KADOKAWA

ISBN:978-4044003487

発売日: 2019/2/23

amazon kindle

 

「辞典」と言われると学生時代の受験勉強を思い出し

つい身構えてしまいますが、

この「悩ましい国語辞典」は日本語エッセイです。

 

内容としては、

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者の方が、

言葉の変化の過程を書いた本のようです。

 

てっきり調べる為の辞典かと思っていました。

とても興味深いです。この本は「読む辞典」ですね。

 

日本語を使っていると、

正しく使えているか、その言葉がどんな意味なのか、

よく分からなくなる時があります。

 

「日本語ってむずかしい」と、

何度も言ったことがあるし、

何度も言われたことがあります。

 

当たり前のように使っている言葉も、

実は全然違う意味だったのかもしれません。

自分が伝えたいこととは違った意味で

伝わってしまうこともあります。

 

あぁ日本語ってなんて悩ましいんだ・・・。って、

 

この「悩ましい」も、

「官能が刺激されて心が乱れる」という意味しか載せていない

国語辞典がほとんどです。

でも私たちは違う使い方をすることがありませんか?

実際に、最近では「AかBかの選択は悩ましい問題だ」(苦悩)

という使い方をする人が増えているそうです。

これは誤用なんでしょうか・・・??

 

このような日本語の意味の変化は、

正しいとか間違いとかではなく、

その言葉が歩んできた歴史を感じられて

とても奥深く、面白い現象だと思います。

 

難しいけと奥深くて面白い日本語の楽しさを味わえそうですね。

日本語の世界にどっぷり浸かりたい方はぜひ読んでみてください。

 

悩ましい国語辞典

出版社:  時事通信出版局

ISBN:9784788714472

発売日:2015/12

楽天

 

悩ましい国語辞典(角川ソフィア文庫

出版社: KADOKAWA

ISBN:978-4044003487

発売日: 2019/2/23

amazon kindle

 

さらに悩ましい国語辞典

出版社: 時事通信社

ISBN:978-4788715295

発売日:2017/6/27

amazon 楽天

 

irihikun.hatenablog.com

irihikun.hatenablog.com