入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

これからの時代を生きる全ての人に読んで欲しい。世界が注目する本「FACTFULNESS」

この本を読まなくてもいい人はいないと思います。

2019年1月に出版され、早くも世界で100万部を超える大ベストセラーとなっているこの書籍、様々なところで紹介されているのを見かけます。

 

でもなんか、難しい本でしょ?

部下がたくさんいるような役職の人とか、やり手のビジネスマンとかが読んで仕事に活かすような本なんじゃないの?

 

私の印象はこんな感じでした。

しかしそんなイメージとは全く違います。

この本のことを知るとすぐに思いました、

「この本を読まなくてもいい人はいないと思う」

 

この本が世界中で読まれている理由は、

これからの地球を生きるすべての人に必要とされているからだと思います。

 

 

私たちは本当のことを認識できていない

FACTFULNESSとは、事実に基づいて正しく判断する習慣のことだそうです。

それは私たちにとって、実は難しいことだったのです。

 

なぜなら、人間が進化する過程で脳に組み込まれてきた本能、人間が進化する上で必要な本能、その存在が事実を正しく判断できない、認識の歪みを生んでいるからです。

 

事実を正しく認識できないと言われても、いまいちピンと来ないかもしれません。

間違った認識は、私たちの無意識の部分で起こっているので

私たちは、認識が間違っているどころか

きちんと物事を判断しているとすら思っています。

 

間違った認識の例として

本書では世界の基本的な事実にまつわる13問のクイズを紹介しています。

 

例えばこんなクイズです。

 

 質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?

   A 20% ・B 50% ・C 80%

 

質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?

   A 20% ・B 50% ・C 80% 

 

上はクイズの一部ですが、このような13の質問、大半の人は正解率が3分の1以下だそうです。

しかも、賢い人ほど正解率が低いというので驚きです。

 

それは賢い人が無能だと言っているのではなく、

知識が豊富にある人でも事実を間違えて判断してしまう、

つまりどんな人も事実を判断するのは難しいということを伝えているのでしょう。

 

本書は認識を歪める本能の存在を認め、抑制する術を身に付け

世界を正しく判断する力を身に付けるための本です。

 

なぜ今FACTFULNESSが読まれるべきか

事実を正しく認識する、その本がなぜ多くの人に読まれているのでしょうか。

事実を正しく認識する習慣が、なぜ大切なのでしょうか。

それは、間違った認識は間違った行動を生むからです。

  

世界という大きな規模だと自分には関係がないように感じるかもしれませんが、

事実を正しく判断できないことによる被害は身近なところでも起こるのです。

そして物事を正しく判断することは世界をよりよくするだけでなく、

自分自身の人生の充実にも繋がるはずです。 

 

今の時代、多様な情報が溢れており

そしてそれに対する個人の意見を主張する場もたくさんあります。

 

私たちはすぐに多くの情報と他人の意見を知ることができます。

 

そんな時代であるからこそ、

自分で判断する力を身に付けることが

必要とされているのではないでしょうか。

 

物事を判断するのは自分の意思であり自分の責任です。

  

他人の判断と意見に依存しない、自分の判断をする為にも

事実をありのままの事実として認識する力は

まさに今、

身に付けるべきだと思います。 

 

世界を歪める10の本能を知ろう

思い込みを引き起こす10の本能を紹介します。

  • 分断本能・・・「世界は分断されている」という思い込み
  • ネガティブ本能・・・「世界がどんどん悪くなっている」という思い込み
  • 直線本能・・・「世界の人口はひたすら増える」という思い込み
  • 恐怖本能・・・「実は危険でないことを恐ろしい」と考えてしまう思い込み
  • 過大視本能・・・「目の前の数字がいちばん重要」という思い込み
  • パターン化本能・・・「ひとつの例にすべてがあてはまる」という思い込み
  • 宿命本能・・・「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
  • 純化本能・・・「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
  • 犯人捜し本能・・・「だれかを責めれば物事は解決する」という思い込み
  • 焦り本能・・・「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

名前を見ただけでもドキッとしてしまい、

なるほど、と思ってしまいます。

本書はビジネス書というジャンルに分けられていますが、

難しく書かれておらず、 とても分かりやすく理解しやすいと評判のようです。

 

難しそう・・・と手を伸ばせずにいた方も

ぜひ一度内容を見てみて

自分に必要だと思えば読んでみることをお勧めします。

 

今最も読まれるべき本「FACTFULNESS」

出版社: 日経BP

ISBN: 978-4-8222-8960-7

発売日: 2019/1/15

amazon 楽天 kindle