入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

中村文則「その先の道に消える」感想

中村文則「その先の道に消える」

出版社:朝日新聞出版

ISBN:9784022515735

発売日:2018/10/5

amazon 楽天

かなり混乱させられる作品でした。

混乱しているのに、ひとつに繋がっているような、それこそ一本の縄のような、飲み込めない感情が残っています。

 

ひとつの暗闇の中に存在しているかのような世界が

薄暗い闇、過去、記憶、性、信仰心、登場人物のそれらが絡まり合うことで

作り出されています。

 

このような世界が小説の中に存在しているのだと思うと

一冊の本に恐怖すら覚えます。

 

人物たちの闇が、縄のように、まるで呼ばれるように、

そしてそこにあるべきもののように絡まっています。

 

Yという人物が登場します。

Yはまるで全てをコントロールしているかのように思えますが、

そのYでさえも、他のもっととてつもなく大きな存在にコントロールされているのではないでしょうか。

人物たちは言わばひとつの縄のようで、得体の知れない存在に、複雑に絡められ、操られているように感じます。

 

それを感じた時は、思わず本を閉じてしまいそうになりました。

見てはいけないものを、これから私は見なくてはいけないのではないか、と。

 

緊縛により解放されている女性たち、男性たちは、本当の意味で解放されているのでしょうか。

彼らが壊れていくのは、解放により、保てなくなるからなのでしょうか。