入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

小説の感想

新潮文庫の100冊2020より「最後の秘境 東京藝大」

新潮文庫の100冊2020を、紹介した記事で 私が、読みたい度 第2位に選んだ 「最後の秘境 東京藝大」を、さっそく読んでみました。 「最後の秘境 東京藝大」/二宮敦人 ISBN:978-4101012315 発売日:2019/3/28 amazon 楽天 kindle 1位から順番に読むわけじゃな…

宮下奈都「羊と鋼の森」感想

私の内面をぶつけながら読み切った一冊 音とひたむきに向き合う青年から、目が離せませんでした。 この小説で描かれている、主人公の成長の中に、 私が、ずっと求めてきた人生があったからです。 それがあれば、どんな世界でも道を探すことができる、 「たっ…

恩田陸「ドミノ」感想

恩田陸「ドミノ」 出版社: KADOKAWA ISBN: 978-4043710010 発売日: 2004/1/23 amazon 楽天 kindle 東京駅を舞台に、ドミノ倒しのように次々と連鎖していく出来事を描いています。 この小説は慎重に並べた牌のひとつを倒すことで始まる圧巻のショーです。 完…

中村文則「その先の道に消える」感想

中村文則「その先の道に消える」 出版社:朝日新聞出版 ISBN:9784022515735 発売日:2018/10/5 amazon 楽天 かなり混乱させられる作品でした。 混乱しているのに、ひとつに繋がっているような、それこそ一本の縄のような、飲み込めない感情が残っています。 ひ…

宮部みゆき「火車」感想

宮部みゆき「火車」 出版社:新潮社 ISBN:9784101369181 発売日:1998/1/30 amazon 楽天 一見理解し難い行動の裏に、一体どんな心の動きがあったのだろう 人間の心理を想像しながら謎を突き詰めていくところに 面白さがあるミステリー小説だと思いました。 心…