入日くん

本を年間約200冊読む内向的人間のちょっとした発信。夜になる前の入日の時間をお楽しみください。

変化に対応するには。「チーズはどこへ消えた?」

全世界で大ベストセラーだという「チーズはどこへ消えた?」。1000円でおつりがくる程お求めやすい価格に、本の薄さ。 チーズはどこへ消えた? 楽天 kindle ベストセラーって、ほんまかいな、と。 気になり、ついつい読んでしまいましたが、なるほどなるほど…

今年の夏は、漢方食材で乗り切る。

梅雨が明けて、夏本番!になってきました。 毎年毎年、夏は、暑さにうんざりしながら過ごしています。 特に無理をせずに、過ごしているはずなのに、 なぜかいつも夏バテをし、夏の終わりには体調を崩してしまうので、 今年は、自分の身体を労り、 元気に過ご…

夏休みに小説を読むなら。一気読みする程面白い、おすすめのシリーズ小説

シリーズ小説を一気読みする贅沢な夏 シリーズ小説を、全部読み切るのには時間がかかります。 普段、仕事や学校の合間に読むと、途切れ途切れになって物足りなく感じてしまうこともあります。 なにより、物語に引き込まれて、夢中になっているのに、 途中で…

本を取り出すべきか悩んでしまう。いつでも読書を楽しむ心を持ちたい。

最近は、自分の弱さを曝け出す記事が、増えているような気がします。 今日も私の心の弱さを解放したいと思います。 テーマは「本を読むのには必要がない、周りの目を気にする心」です。 私は本を常に持ち歩いています。 読書が好きな方にとっては、普通のこ…

なんとなく、って不思議

なんとなくを侮るべからず ざぁざぁと大雨が降る中、私は傘をさして、 仕事からの帰り道を、歩いていました。 たくさんの荷物を持っている上に、傘で片手が塞がれ、 不自由さを感じ、苛々としている上に、 足元は、跳ね返ってくる雨でびしょびしょに・・・。…

先のことまで考えすぎる。損な性格はもはや笑える。

必要なはずの先を読む力が、なんだか可笑しなことになっている 先の事を考えられるのって、良い事なんじゃないの?って思うんです。 例えば、自分が何かを判断することによって起こるかもしれない、 ありとあらゆる可能性を考え、 今できる最善の選択をする…

頑張りすぎて疲れること、ありますよね。心を軽くしたい時に、読むなら「ナマケモノ哲学」

リラックスして、本をめくろう 私は力を抜けない性格で、つい頑張りすぎてしまいます。 特に今は、これから先のことが見えない時代で、 漠然とした不安も、募っています。 頑張りすぎだなぁ、疲れているなぁ、と思いつつも、 リラックスの方法が分からずに、…

新潮文庫の100冊2020より「最後の秘境 東京藝大」

新潮文庫の100冊2020を、紹介した記事で 私が、読みたい度 第2位に選んだ 「最後の秘境 東京藝大」を、さっそく読んでみました。 「最後の秘境 東京藝大」/二宮敦人 ISBN:978-4101012315 発売日:2019/3/28 amazon 楽天 kindle 1位から順番に読むわけじゃな…

「芸術はよく分からない・・・」で終わらせたらもったいない!「13歳からのアート思考」

アートの領域に止まらない「13歳からのアート思考」 少しでも、クリエイティブな思考を身に付けたい、 と思い読んでみたのですが、とんでもなく面白い本で驚きました。 まず、なぜクリエイティブな思考を身に付けたい、と思ったかというと ブログで、本を紹…

何を読む?新潮文庫の100冊 2020 夏のおすすめ本が並んでいると興奮が止まらない

7月に入りました。・・・え、もう!? すっかり文庫フェアの季節ですね!! 3つの出版社の夏の文庫フェア 集英社のナツイチ 角川のカドフェス 新潮社の新潮文庫の100冊 以前の、カドフェス2020の記事で 私が思う、夏の文庫フェアの、3つの素敵なところをご…

何を読む?ナツイチ2020 夏のおすすめ本が並んでいると興奮が止まらない

最近、書店には行きましたか? もう並んでいる書店が多いですね、夏の文庫フェア! 3つの出版社の夏の文庫フェア 集英社のナツイチ 角川のカドフェス 新潮社の新潮文庫の100冊 前回の、カドフェス2020の記事で 私が思う、夏の文庫フェアの、3つの素敵なとこ…

読んでいたのは「文章を書くための本」なのに、人生が良い方向に進みそうな気がしてきた。

初めての、文章を書きたくなった本 文章を書く為に、本を読もうと思っているのなら、 絶対に、「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでほしいです。 私はこれまでに、文章力を上げる本や、webライティングの本を読み、 学んだことを生かそうと頑張り、…

宮下奈都「羊と鋼の森」感想

私の内面をぶつけながら読み切った一冊 音とひたむきに向き合う青年から、目が離せませんでした。 この小説で描かれている、主人公の成長の中に、 私が、ずっと求めてきた人生があったからです。 それがあれば、どんな世界でも道を探すことができる、 「たっ…

蓋を最後まで閉めない人間にも良い人はいるだろう〜今日のストレスは妄想の中に流れた〜

蓋の意味を知っているかい?? 私には一緒に住んでいる人がいます。 他人と一緒に住むと、些細な事でも、積み重なってしまい、ストレスになることがあります。 今日のストレスは 同居人が蓋を最後まで閉めないことです。 何の蓋でもです。 特に注意しないと…

何を読む?カドフェス2020 夏のおすすめ本が並んでいると興奮が止まらない

夏の文庫フェア、どう楽しんでいますか? 今年もやってきましたね、この季節が。 そう、夏の文庫フェア 集英社のナツイチ 角川のカドフェス 新潮社の新潮文庫の100冊 3つの出版社の夏の文庫フェアが今年も徐々に書店に並び始めました。 カドフェスとナツイ…

ブログ初心者の私がHTML&CSSを学ぶきっかけになった最初の一冊

ブログ初心者の私が、HTML&CSSの勉強を始める時に とても助けられた最初の一冊があるのでご紹介します。 ブログで伝える為に必要な力は、文章力だけではない HTML&CSSをこれから勉強する人に、おすすめの一冊 特にこんな人におすすめ ブログで伝える為に必要…

手付かずになっていた本をとことんやり切ったらTOEICで何点を取れるようになるか?③

irihikun.hatenablog.com irihikun.hatenablog.com 「手付かずになっていた本をとことんやり切ったらTOEICで何点を取れるようになるか?②」で 学習計画を立てて約1ヶ月が経ちました。 進捗状況を報告します。 進捗状況 発掘された5冊の本の中の2冊 1.「TO…

人に対して嫌な態度をとる、目上の人との接し方〜今日のストレス解決策(案)〜

今日のストレスの要因2つ ストレスとうまく付き合えるよう、 日々の生活で感じるストレスをまとめていこうと思います。 入日たいむ〜今日のストレス解決策(案)〜始めます。 穏やかな日々を過ごす為にも、 極力減らしたいのが対人関係のストレスです。 相…

読む辞典。話題の「悩ましい国語辞典」とは

分からない言葉を調べる為の辞典? 辞典って、みなさん持ってますか? 今の時代、インターネットさえあれば何でも調べられるので、 持っていない人も多いのではないでしょうか。 私も大学を卒業して以来、 辞典に触れる機会が減りました。 今話題の「悩まし…

暑い夏に読みたい小説。涼しさを感じる綺麗な物語

引きこもる。それが夏の過ごし方 夏になると、長い休みもあるせいか、 人々がとんでもなくアクティブになる気がします。 やたらと大人数で海に行ったり、山に行ったり、 フェスに行ったり・・・ じっとしているだけでも暑いのに、すごいなぁと 毎年思ってい…

傘ってずっとあのスタイルですよね

今週のお題「傘」 梅雨に入りましたね。 傘をさす度にふと考えるのですが、 傘ってずっとあのスタイルですよね。 もちろんデザインや性能は時代によって変化していますが、 手で持って頭の上にさす、あのスタイルはずっと続いています。 傘って誕生した時か…

ことばって面白い!プレゼントにもおすすめの本。「翻訳できない世界のことば」

ことばだけで世界の文化を感じられる一冊 ある国ではひとつの単語で言い表すことができる感情を、 私たちはたくさんの言葉を並べても伝えることができないかもしれません。 文化が違うと、生まれることばも違います。 この本で紹介されていることばの中に、 …

恩田陸「ドミノ」感想

恩田陸「ドミノ」 出版社: KADOKAWA ISBN: 978-4043710010 発売日: 2004/1/23 amazon 楽天 kindle 東京駅を舞台に、ドミノ倒しのように次々と連鎖していく出来事を描いています。 この小説は慎重に並べた牌のひとつを倒すことで始まる圧巻のショーです。 完…

この小説が面白い!日常から離れたい人におすすめの本

お題「気分転換」 日常から離れるのは簡単にできます 非日常はあなたの頭の中にあります。 ストレスが溜まっていて気分転換をしたいけれど 上手くできない時、ありませんか? 外出してみたけれど、 気がついたら仕事の悩み、人間関係の悩みを考えてしまい、 …

だいぶ楽になった、断捨離生活。

お題「断捨離」 断捨離、皆さんはやったことがありますか? やったことがある方は分かると思いますが、結構大変ですよね。 今回は、断捨離を舐めきっていた私が、挫折を重ね、 ついに断捨離を成功させることができた体験をご紹介します。 断捨離をしようと思…

これからの時代を生きる全ての人に読んで欲しい。世界が注目する本「FACTFULNESS」

この本を読まなくてもいい人はいないと思います。 2019年1月に出版され、早くも世界で100万部を超える大ベストセラーとなっているこの書籍、様々なところで紹介されているのを見かけます。 でもなんか、難しい本でしょ? 部下がたくさんいるような役職の人と…

中村文則「その先の道に消える」感想

中村文則「その先の道に消える」 出版社:朝日新聞出版 ISBN:9784022515735 発売日:2018/10/5 amazon 楽天 かなり混乱させられる作品でした。 混乱しているのに、ひとつに繋がっているような、それこそ一本の縄のような、飲み込めない感情が残っています。 ひ…

宮部みゆき「火車」感想

宮部みゆき「火車」 出版社:新潮社 ISBN:9784101369181 発売日:1998/1/30 amazon 楽天 一見理解し難い行動の裏に、一体どんな心の動きがあったのだろう 人間の心理を想像しながら謎を突き詰めていくところに 面白さがあるミステリー小説だと思いました。 心…

手付かずになっていた本をとことんやり切ったらTOEICで何点を取れるようになるか?②

第一弾はこちらです↓ 手付かずになっていた本をとことんやり切ったらTOEICで何点を取れるようになるか?① 今回は本棚から引っ張り出してきた手付かずの本たちを紹介し、 学習計画を立てたいと思います。 本棚から発掘した英語学習本5冊 英会話系の3冊 TOEIC…

感動するならこの本!あの頃を思い出す、少年少女の物語

いつから大人になったのだろうか 自分では気付かないうちに年齢だけ大人になり中身は子供のままだ、と思ってしまうことがあります。しかし反面、子供の頃には自然と感じることができたことを感じられなくなっていると思い、少し悲しくもなります。いつの時代…